あらゆる病気のもと、それは悪いストレスをためることです。

悪いストレスは、どのようにたまるのでしょうか?

例えば、自分がやらされている、つらい状況を、マイナスに受け止めていたら、

脳の中では、ノルアドレナリンというホルモンが、分泌されます。

そして、活性酸素も確実に発生するのです。

ノルアドレナリンが出ると、活性酸素が発生し、いつか、ガンができ、脳の血管がつまり、

人間は色々な病気になってしまうと、いろいろな文献が言っています。

それでは、ストレスとは何でしょうか?

ある文献を見ると、「生態に加えられた心理的、生理的なゆがみ」と書かれてありました。

私は、「『いやだな』と、精神的にマイナスに受け止めること」と表現します。

あるいは不安や心配、欲求不満や憎悪、嫉妬や羨望、劣等感など、

このような、マイナス発想になったとき、私たちは、ストレスを受ける事が多いのです。

これを避けるためには、ノルアドレナリンと、反対の作用があるホルモンを、分泌させなければなりません。

それは、βエンドルフィンやドーパミンなどの、良いホルモンです。

それらのホルモンが出るということは、ストレスは、マイナスには働いていないということです。

同じ経験をしても、

悲観的に受け止めて、ノルアドレナリンが出る人と、

肯定的に受け止めて、βエンドルフィンが出る人がいます。

なかなか、肯定的な考えをすぐには持てない人は、βエンドルフィンを、簡単に出す方法があります。

それは、

・ 絵の鑑賞

・ 良い音楽を聴く

・ いい匂いをかぐ

・ 舌で味覚を味わう

このように、五感を刺激する事が、努力とか、訓練を必要としないで、

最も簡単にβエンドルフィンなどの、良いホルモンを分泌させ、しかも瞑想効果が得られる方法なのです。

瞑想をすると、さらに良いホルモンが分泌されます。

それでは、瞑想ってどうすれば良いのでしょうか?

それは、楽しいことを想像すれば、瞑想になるのです。

なかなか、物事を肯定的に受け止められないとき、過去に、自分が楽しい経験をしたことを、思い出せば良いのです。

「好きな人と、始めてデートをした時の、あのドキドキ感!」

「川のせせらぎの音を聞きながら、 白濁の湯に浸かって、のんびりした温泉」

いかがでしょうか?

まずは、簡単に良いホルモンを出して、

悪いストレスをためず、健康に過ごし、幸せな気持ちを、できるだけ長い間味わいましょう。

こういう事は大事ですね!
スポンサーサイト

【2015/10/08 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック