支払われる報酬以上の量と質のサービスを提供するという精神にはもの凄い力があります。

残念ですが、これを理解し、行っている人はほとんどいません。

K君、これから就職してやってみて下さい。

誤解のないように言っておきますが、

「期待以上の働きをする」とは両手を広げている全ての乞食や物乞いの

要求に応じるべきだという意味ではありません。

私が言っているのは、あなたにすでに与えてくれている

全ての人に、あなたももっと与えなさいということです。

実際は、大きなエネルギーをもって始まったビジネスが、中止にはならなくても、

次第に停滞していき、遅遅として進まなくなるということは頻繁に起こります。

このようなことは同じレストランに頻繁に行くようになると起こります。

最初はサービスも素晴らしく、スタッフも挨拶してくれて、あなたが来てくれて喜んでいます。

あなたの笑顔を見るために追加のサービスをしてくれるかもしれません。

しかし、いったんあなたを物にしたと思ったら、他の人に注意を向けて

あなたのことは無視するようになります。

まるで、「あの人は良い客だから心配しなくても大丈夫だ。

新しい客のことを気に掛けよう」と言わんばかりの始末なのです。

しかし、実は反対のアプローチを取るべきなのです。

あなたに一番与えてくれている人を最初に満足させる方がビジネスにはより良い方法なのです。

期待以上の働きをすると、あなたにつけこむ人もいることは事実です。

そういう人は、まるで報酬以上に働かなければいけないかのようにあなたに接します。

そしてあなたに感謝の気持ちを示すことも決してありません。

しかしだからと言って、あなたが良い行いを止める必要はありません。

あなたがより一層の努力をしているときにそれに気づいてくれる人にあなたは応えるようにすればいいのです。

あなたに対する態度がゆっくりと、

でも確実に悪くなっている人がいたとしても、

格言にもあるように、世の中にはまともな人は他にもたくさんいるのですから。

「期待以上の働きをする」とはビジネスだけに通じる精神ではありません。

他の人より少しだけ長く勉強する生徒や

少しだけ余分に練習をするスポーツ選手などにも言えます。

人生に変化を起こすのは、いつもこのほんの少しの余分の努力なのです。

大切な事です。
スポンサーサイト

【2015/08/20 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック