「理想の上司・先輩」とはどのようなものか?

尊敬される「理想の上司・先輩」について考えてみたいと思います。

・任せるなら完全に任せる

余程の問題が起きない限り、あなたは動きません。
 
自分でやったほうが上手く行くのもわかりますが、敢えてそこは我慢して見守ります。


・担当が明確でない業務はあなたがやる

スポット的な業務、分担が明確でなく誰も動かない業務は、あなたが率先して行いましょう。

それにより、あなた自身の能力も向上しますし、部下・後輩からも慕われます


・相手にお願いして動いてもらう

いくら、部下・上司、先輩・後輩の関係でもやはり人間関係ですから、

なるべく横柄な態度、命令口調は避けたいところです。

心の中ではお願いしますという気持ちで接しましょう。

部下、後輩がいないとあなたの業務も回らないのですから………。


・自分のために人を育てる

人を育てて誰が一番成長するか知ってますか?

実は育てられた人ではなく、育てている人なのです。
 
人を育てるというのは非常に勉強になりますので、自分のためにも積極的に人を育てましょう。

簡単なようで難しいですね………。
スポンサーサイト

【2015/08/18 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック