また行ってみて下さい。

大阪城 豊国神社( ほうこくじんじゃ)は 

関白太政大臣 豊臣秀吉公、秀吉の息子の秀頼公、秀吉の弟の秀長公を御祭神として祀っている。 

通常 日本の神道神社では 神世の時代の神を御祭神として祀るが 歴史上 実在した人物

を神格化してお祀りする場合もある。 

例えば、日露戦争で活躍した 元帥 海軍大将 東郷平八郎を祀る 東郷神社、 陸軍大将 乃木希典を祀る乃木神社がある。 

豊国神社は 明治元年( 1868年 )明治天皇が大阪へ行幸された時、秀吉は天下を統一し 国家に貢献すること大である。 

しかし 幕府を作らなかった真の忠臣であるといわれ 豊国神社の再興を布告した。

再興というのは 1615年 豊臣宗家が滅びると京都阿弥陀が峰にあった豊国社は 徳川幕府が社領を没収、

豊国大明神の神号を無効にし、社殿も 朽ち果てていったからである。

明治になって立場が逆転した。 最後の将軍である慶喜は天皇の軍隊に歯向かった逆賊とみなされ 謹慎した。                                     

徳川家の霊廟である東照宮は 全国に500社あったが 廃社や合祀により 現在は 約130社となった。

1880年 (明治13年) 方広寺の大仏殿にあったところに 社殿が完成した。

大阪の豊国神社( ほうこくじんじゃ)は 京都の豊国神社( とよくにじんじゃ )を本社として 

その別社として当初 中之島の公会堂のあったあたりに1879年(明治12年)に創建された。 

1921年(大正10年)、京都の豊国神社から独立して府社に列格した。

昭和36年(1961年)、大阪城内の桜門の前の現在地へ遷座した。

なお、遷座前の社殿は豊中市の住吉神社に移築された。

立身出世の祈願に行ってみて下さい。

よくなられた方がたくさんおられます。

今日行く予定です。
スポンサーサイト

【2015/08/12 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック