先祖因縁は子孫には関係の無いことのように捉えますが、それが、この世で一番強い結びつき「血縁」というものですから仕方ないことなのです。

この血縁の結びつきはどなたも逃げようがありません。

しかし、今世の人たちは実にわがままなものでして、「なぜ自分が見た事も会った事もない先祖の罪をかぶらなければならないのだ!」と鼻息を荒くして訴えられます。

そこがまた「今世因縁」の始まりであります。

先祖の犯した罪は家人が先祖を供養することで、今世にはその悪しき関わりは緩和されるものです。

そこで相談者に先祖供養の件を伺うと、案の定、全くの無頓着でありました。

先祖を供養するということは、なににも変えがたい、「自分の幸せのため」なのです。

皆さんには、間違った認識をして頂きたくないと、心より願うものであります。

自分の行いを棚に上げて、正しいことのように論じるのはよくありません。

先祖は私たちの血でありますから、先祖の供養をして、先祖に浄化を願うという事は、自分の血を浄化するものと同じことです。

先祖霊は頼るところは子孫しかありません。

重病で死んだ先祖は苦しさのあまり子孫に頼ります。

頼った結果、子孫も先祖と似た病気で苦しむことになります。

また事故や怪我で死んだ先祖も供養を求めるあまり、子孫が事故を起こすように追い込む場合があります。

命を盗ろうと考えないまでも、自分と同じ境遇になることで、己の存在をアピールするものです。

そういった先祖は、強く供養を求めてまいります。

「どうして先祖が可愛い子孫に祟るようなことをするんだ」と腹が立つかもしれません。

しかし先祖でありましても私たちと同じ「心」を持っています。

事故で亡くなったり病気で亡くなったりしますと、よほど神仏に深い境地になっておりませんと死んだときの痛みから逃れることがありません。

苦しみもがく先祖の心を子孫の勝手な理想論で片付けてしまってはいけません。

いざ自分が先祖と同じ境遇になったら、こんなに体が痛いのに誰も手当てをしてくれない、と思えば可愛い子孫に頼るのは人の心情でありましょう。

先祖には肉体がありませんから、「傷口が痛い」といった感情は本来ありえません。

メッセージだと思い受け止めてみて下さい。

多少なり何らかの先祖因縁はあると思います。

自分で悪い因縁は終わりに出来るようにお手伝いさせて頂きますね。
スポンサーサイト

【2015/07/20 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

日課
岡部 牧子
先生…おはようございます!!!!

毎日 先生の ブログ 拝見するのが 日課に なりました。
毎回…拝見して 思う事は 今の 自分の 現状 気持ち に 当てはまる 内容なので…先生 には 感謝してます。

先祖の お話も つい最近 友人と 話しをしたばかりでした。

私達は…ご先祖様が 生きていらっしゃたから 今があると 思いますし…何 不十なく 生活できてるのも ご先祖様の お陰だと 毎日 感謝し…仏様 神棚に お参りしてます。

先生に 毎回 見て頂いてますが…ご先祖様からの エールは 聞かないので…私は 大丈夫なのかな⁈


先生…早く 体調が 良くなられますように…


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
日課
先生…おはようございます!!!!

毎日 先生の ブログ 拝見するのが 日課に なりました。
毎回…拝見して 思う事は 今の 自分の 現状 気持ち に 当てはまる 内容なので…先生 には 感謝してます。

先祖の お話も つい最近 友人と 話しをしたばかりでした。

私達は…ご先祖様が 生きていらっしゃたから 今があると 思いますし…何 不十なく 生活できてるのも ご先祖様の お陰だと 毎日 感謝し…仏様 神棚に お参りしてます。

先生に 毎回 見て頂いてますが…ご先祖様からの エールは 聞かないので…私は 大丈夫なのかな⁈


先生…早く 体調が 良くなられますように…
2015/07/20(Mon) 09:15 | URL  | 岡部 牧子 #e74jkC0I[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック