やる気は、気持ちの問題?

私達は、何かを始める、実行するときに、やる気、モチベーションが必要だと思っています。

一時的に自分を奮い立たせ、無理やりにでも、やる気を出そうとしてしまいます。

しかし、やる気やモチベーションというのは、

実は「感情」の問題ではなく、自分でその必要性を認識するという「理性的」なモノだったのです。

行動できないとき、僕たちは

「やる気が出ない」

「モチベーションがあがらない」

「そんな気分じゃない」

と気分の問題のように思いがちですが、実は、それにはやるべき理由がないからだったのです。

たとえ、行動を起こさなかったとしても、何の影響もでないから行動しない、というわけなのです。

「やる気」や「モチベーション」を起こすには、気合や意志の力が必要なのではなく、

行動を起こすための「理由」こそが必要なのです。

もう一度、自分の夢を思い返してみてください。

あなたの夢にはそれを実現させるための、充分な理由があるでしょうか?

実現させるべき「理由」も明確になり自分の行動力にきっと驚くはずですよ!

理由が大事なんですね!

よく考えてみて下さい。

理由が分かれば、やる気やモチベーションが継続出来ると思います。
スポンサーサイト

【2015/06/22 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック