読売新聞(ヨミドクター) 6月10日(水)15時0分配信の記事です。

 抗不安薬や睡眠薬を過剰服用して意識障害などが表れる急性薬物中毒を起こした患者の約4割が、
添付文書で定められた規定量を超える処方をされていたとする調査結果を、医療経済研究機構(東京)がまとめた。

 同機構の研究グループは「処方のあり方を見直す必要がある」としている。

 研究グループは、健康保険組合の加入者172万人分の診療報酬明細書のデータを分析。
2012年10月~13年11月の間に、自殺などを目的に多量の抗不安薬や睡眠薬を服用し、
急性薬物中毒を起こした210人について、その3か月前までさかのぼって薬の処方状況を調べた。
対象者は、うつ病や統合失調症など、精神疾患の患者が多数を占めた。

 添付文書で定められた規定量を超えて処方されていたのは82人で、39%に上った。処方した医師は、精神科医が89%を占めた。

 研究グループのメンバーで国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の松本俊彦部長は
「患者の求めに応じて医師が安易に処方してしまう傾向がみられる。
治療薬が多く患者の手元にあると、乱用につながる恐れがあり命にかかわる。こうしたリスクを考慮し、処方日数や量、種類は慎重に決めるべきだ」と指摘している。

怖いですね。来られた方で多いです。

飲まなくてもいいのに………。

誰が悪いんですかね?

薬を出す方へ、よく考えて薬を処方して下さい。
スポンサーサイト

【2015/06/11 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック