戦略よりも大事なもの

あらゆる組織のビジネス・企業経営・プロジェクトにおいて、戦略は非常に大切です。

戦略が無ければ、方向性が分かりませんのでどうしてよいのか分かりませんね?

しかし、戦略策定よりもとても大切なものがあるのです。

それは、戦略を社員に浸透させることです。

あなたが所属する組織でも、立派な戦略はあるが、

それを社員一人一人が認識していない。

というような状況が起こっておりませんか?

それほど、浸透させるということは非常に大切ですし、時間がかかるものなのです。

しかし、社員一人一人がしっかり認識してしまえば、これほど強い組織は無いのも事実です。

戦略が正しければ、組織が一丸となってその方向に進みますし、

逆に、戦略が間違っていたら、戦略の軌道修正を迅速に行えるからです。

どんなに立派な戦略・理念等をきれいな資料でまとめたとしても、

それが、実際に所属する人間に浸透していなければ全く意味がありません。

ここに強い組織と弱い組織の差があるのかもしれません。

どうですか?

そういう事だと思います。

頑張ってやってみて下さい。
スポンサーサイト

【2015/05/25 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック