Tさんからのコメントを紹介します。

空縞様

こんばんは。

震災後、まだご家族が見つかっていない方のお気持ちを考えると、本当に胸が痛いですね。

そして、まだ見つけてもらえない人の立場から考えても、きっと寂しくてたまらないでしょうね。

私は現地に行くことはできず、募金とか、何か買うとそれが復興支援になるとかぐらいしかできませんでしたが、少しずつですがずっと協力していきたいです。

日本時間4月25日には、ネパールで大地震がありました。

うちの学校には100名近くのネパールからの留学生がいます。学生の多くが、家が全壊した、大事な家畜が全滅したなど大きい被害を受けました。

そんな学生たちから、少しでも祖国の役に立ちたいので募金をしたいとの申し出があり、4月29日からGW期間中、わたしたちも学生と街頭に立ち、募金活動をしました。

高松の人は、ほとんどネパールについて知らないはずです。呼びかけても反応がないかも…と思いました。

でも、商店街に立つと、本当にたくさんの方から、あたたかいご支援をいただきました。学生に励ましの言葉をかけてくださった方も大勢いらっしゃいました。

これらお金には愛と同じエネルギーが感じられたので、募金をしてくださるたびに、私は心が温かくなり、頭を下げながら自然にその方々の幸せを願うようになりました。

今年のGWはお休みがあまりありませんでしたが、人のやさしさとお金について、改めて考えることができた貴重な時間でした(^^♪

早く全世界に平和が訪れますように…

本当にそう願いたいです。

心暖まりますね。

Tさんコメントありがとうございます。

「 ネパール大地震緊急募金 」の寄付に協力して下さい。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

【2015/05/17 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/17(Sun) 21:59 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック