■震災後から語られていたこと、「幽霊」の出現

実は、東日本大震災の被災地では、地元住民による幽霊の目撃談が絶えません。

記事を紹介します。

被災地で語られる幽霊話 - 西野神社 社務日誌
▼目撃談のほんの一部

アマナイメージズ
目元 by アマナイメージズ
「水たまりに目玉がたくさん見えた」「海を人が歩いていた」…。
遺体の見つかっていない家族が「見つけてくれ。埋葬してくれ」と枕元に現れたのを経験した人もいる


東日本大震災 幽霊 NHK 朝日新聞【東北被災地で目撃談 続々と 】

さまよう霊が不幸をもたらすことを恐れて、修復工事が中断してしまったという現場がある。半分だけ修復されたスーパーマーケットを指して、あべ・さとしさん(64)は語る。「工事の人が具合悪くなったって聞いたよ。そこらへん中で死んでんだもの。そういう話は一杯あるよ」


東日本大震災から1年、石巻で語られる「幽霊」の噂 写真14枚 国際ニュース:AFPBB News

「子供が行方不明になった石巻のご家庭の話です。幼稚園から帰らない息子を探し続けて1週間、さすがに疲れ果て部屋で寝ていると玄関先が妙に明るくなった。『何だろう?』と不思議に思っていると、程なく消防団が『遺体が見つかりました』と訪ねてきたそうです。遺族の方はお子さんが『見つかったよ』と先に報告してくれたんだと話していました」


NHKでも報道された被災地で続出する“震災幽霊”現象の正体とは? | アサ芸プラス

海岸沿いの瓦礫置場には管理人が24時間立っていたんですが、 夜間の当番の際には色んな物が見え過ぎて、とてもじゃないけど怖くてやってられず、 夜間閉鎖の現場が多いとか


東日本大震災 幽霊 NHK 朝日新聞【東北被災地で目撃談 続々と 】

「おじいさんは、揺れた直後に船が沖に流されちゃいかんと、船を係留しに港へ出てそれっきり。海へ流されてしまったのか遺体は今も見つからないままですが、明け方、ちょうど漁へ出る時間に電話が鳴る。まるでこれから漁に出るぞ、という合図みたいで、今でもおばあさんは弁当を作っておじいさんの帰りを待ちわびている」(ボランティアスタッフ)


NHKでも報道された被災地で続出する“震災幽霊”現象の正体とは? | アサ芸プラス

石巻に住むある女性は「幽霊の列」の噂を聞いたことがある。生きていた最後の瞬間の不毛な努力をなぞるかのように、幽霊たちは丘へ向かって殺到し、津波から何度も何度も逃げようとするのだという


東日本大震災から1年、石巻で語られる「幽霊」の噂 写真14枚 国際ニュース:AFPBB News
■「タブー視」されることもあり、あまり大きく報道されることはなかった
“出る”とか“見えた”という幽霊話は不謹慎だということもあり、一種のタブーとなっている


NHKでも報道された被災地で続出する“震災幽霊”現象の正体とは? | アサ芸プラス
幽霊の出没については、一部の宗教学者が意見を述べる程度で、一般のメディアが表立って取り上げることはありませんでした


東日本大震災の被災者が体験した心霊現象—NHKスペシャル「亡き人との“再会”」
■だが、時が経つにつれ、NHKで特集が組まれたり、海外のマスコミも報道するように

不思議ですが…事実、本当の事ですよね。

最近やらせの番組もありますが…………。

成仏はなかなか難しいやろうなあ…………。

現地に行きましたが、悲惨でした。

被災地、被災者のための寄付金等はきちんとして下さいね。

怖いですよ…‼️

因果応報……。
スポンサーサイト

【2015/05/16 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/16(Sat) 23:13 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック