つぶやき

以前税理士の方が物理生心理学の勉強をしていて、教えてくれた事です。

今オフィスで仕事を頑張ってます。

ふと時計を見ると時間は午後4時を過ぎようとしています。

するとある言葉をつぶやくことがありませか?

「ああ、疲れた」

何気なくつぶやいてしまった言葉ですが、実はとても危険な言葉でそうです。

なぜなら、脳は別の意味で受け取るからです。

「疲れろ」

あなたの潜在意識はあなたが発した言葉を忠実に受け取るようにできています。

なので、疲れた‥‥。と言えば

「疲れたらいいのですね、分かりました!」

と受け取り、身体は本当に疲れだし集中力もなくなっていくのです。

他にも、自分はいつも失敗ばかりしている‥‥と普段から思っていると

「いつも失敗してもいいのですね、分かりました!」

と理解して、失敗体質に変わってしまうそうです。

だから、もし自分の良いところより悪いところの方が、スラスラとたくさん言えるなら

普段から何気なく使う言葉で知らず知らずに、できない自己暗示をかけてしまい本当はできることもできなくなっている可能性が大です。

しかし、これはあなたが悪いわけではありません。

なぜなら、人は普段の75~80%はネガティブな事を考えてしまうものなのです。

ネガティブなことを口にするのはごくごく普通なことなことです。

なので、ポジティブな事を考える習慣さえ身につければいいそうです。

「私は幸せなお金持ちです。」

いっぱいつぶやくようにしてみて下さい。
スポンサーサイト

【2017/06/22 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック