社会人って

〇〇さんより
お金を稼ぐために仕事をするのですが、稼ぐ事がいいと思えません。

お金ってなんなんでしょうか?

無いと困るんですが‥‥‥。


働いてお金をもらっている活動はすべてその道のプロフェッショナルといえるでしょう。

その対価の大小に関係なくわたしはそう思います。

すなわち、働いている人はみなプロなのです。
 
では、人は何に対してお金を支払うのでしょうか?

行動やモノにお金を払うのでしょうか?

自分がこれをしているというその行動や行為、そのものにお金の対価が生じるでしょうか?

モノにも値段がついていますが、そのモノに対して人はお金を支払うのでしょうか?

例えば、掃除をしているという行動・行為の場合、そのものにお金を払っている人はいないはずです。

必ずその行動・行為によって何か得られるものがあるからこそ、そこに賃金が生じていくのです。

そして、実はその得られるものこそが感情なのです。

助かったので “ありがたい” とか、

便利さを通して “ホッとする” とか、

綺麗になったので “嬉しい” とか、

最終的に人は自分の得られる心の感情に対してお金の対価を払っているのです。

モノでも同じで、例えば服でもその服にお金を出しているようですが、

実はそれを着る喜びとか持っているという満足感などの感情を服を通じて得るためにお金を払うのです。
 
そのことを決してわたしたちは忘れてはいけません。

自分の行動・行為に対してどのくらいの人がどのような感情を得ることができているのか、それがその人自身の対価になるのです。

この大切な原理原則をあなたの仕事に置き換えてみてください。

仕事をするという行動、商品を作ったり売ったり資料を作ったり

接客したりなどの行為だけには、実はお金という対価は生じないのです。

それによってどのくらいたくさんの人に、求められている感情をもたらすことができたのかこそが、

お金としての対価であり、お金をもらっているプロの姿なのです。

頑張っているという行為・行動にはお金は生じないのだ、

感情に変化をもたらすことにこそお金が生じるのだ!ということをふに落とせば、仕事の質も変わっていくでしょう。

頑張っていきましょう!
スポンサーサイト

【2017/06/15 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック