自分を変える

勘違いしている方多いです‥‥‥。

スポーツは心の存在が、パフォーマンスの質として最も現れやすい人間活動です。

それが結果にも繋がるというわかりやすい構造です。

心が備わらないと体はつかない、体がついてこそ技は発揮されるという仕組みなのです。

ですが、スポーツに限らず実はみな同じで、誰もが人生という試合の中でこの構造はよく似ています。

スポーツも人生も同じです。

結果を変えるには自分を変える、すなわち自分を磨いていかないとなりません。

自分とは脳と心で動く物体ですから、自分を磨くとは自分の脳と心を磨くということです。

そこに注力することの 1 つがメントレだと思っています。
 
ただし、まだまだ多くの人はこの構造に気づいていないという事実もあります。

特に仕事では技ばかりに注力している人が多いように思います。

プレゼンの技術
商品制作の技術
企画の技術
会議の技術
マネジメントの技術

などなど、技術ばかりを求めてはいないでしょうか?

技は大切ですが、心が備わらないと体はつかない、

体がついてこそ技は発揮されるという仕組みがあるので、

技が発揮されるためには心と体に注力しなければならないのです。
 
仕事も人生そのものも、この仕組みを意識してみて下さい。

先ずは自分が変わる事です‥‥‥。
スポンサーサイト

【2017/05/31 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック