得たい感情

何のために頑張るのか?

何のためなら頑張れるのか?

この要素を計画したことでビジネスでも、プライベートでも充実した毎日を過ごし、次々と夢を叶えて最高の人生を手に入れることが出来ます。

この要素を計画することで、最高のものになるのは
もちろんの事、〇〇さんの人生全体も充実感と幸せに満ちた素晴らしいものになる。

そんな要素。

では、その多くの人が計画しないばかりに、充実感や幸福感を味わえず、計画した人が記憶に残る最高の思い出と人生を手に入れる要素とは何か?

それは、「得たい感情」。

つまり、旅行に行くにしても、仕事をするにしてもそれをすることで「得たい感情」を計画するということです。

もっと言えば、最初に「得たい感情」を決めてから、その感情を得るために誰と何をどこでするのかを決める。

人は、結局、「幸せ」だったり、「充実感」だったり、「解放感」だったり、「一体感」だったり、「驚き」だったり、「愛」だったり感情を手に入れたいのです。

実際、何かをする時には、その場面を思い描きながら、感情を味わい、その感情を現実にしたいと思って計画するはずです。

ですが、多くの人は、その「得たい感情」はおぼろげにはあるのですが、明確にすることはありません。

その結果、気がつけば、計画ばかりを明確にしてしまい、その計画をこなす事ばかりに意識が行ってしまい、「得たい感情」はおろそかになってしまう。

でも、一方で、同じような状況でも、得たい感情を「楽しさ」「家族のつながり」と明確にしておいたらどうでしょうか?

計画をこなす事ではなく、「得たい感情」を得ることに集中したら、同じような状況でも、選択する行動は
変わってこないでしょうか?

立てた計画を守り、タスクをこなすことに集中するのか?

それとも

「得たい感情」に集中し、その「得たい感情」を得るために、状況に合わせて、計画や行動を柔軟に選択するのか?

どちらに集中するかで、取るべき行動も、そして得られる結果も大きく変わってくると思いませんか?

ビジネスでも同じです。

「貢献」や「繋がり」、「チームの一体感」、「仕事を楽しむ」という【得たい感情】にフォーカスするのか?

それとも、売上や、タスクをこなすことに集中するのか?

もちろん、仕事では、締め切りや売り上げも大事な要素です。

ですが、どんな時も、得たい感情を意識しているかしないかで、選ぶ行動は変わってきます。

その結果、社内の人間関係も、結果も変わってくる。

【得たい感情】の種類によっては、仕事の仕方も、
場所も、メンバーも、選ぶ仕事さえも、変わってくるかもしれない。

計画やタスクをこなすことばかりに縛られて、【得たい感情】を見失って仕事をするのと

「感謝」「一体感」「貢献」「成長」「充実感」
といった【得たい感情】を得ながらも、タスクを達成していくのと

どちらが良いですか?

どちらを選択するのも、あなたの自由ですが、
【得たい感情】を明確にしてから年間の目標や行動計画を立てるようになって、人生は大きく変わり、成功が加速したと言います。

ぜひ、このGWの予定をすでに立てているのであれば、その計画の中で【得たい感情】を明確にするところからはじめてみてはいかがでしょうか?

計画がまだなら、あなたがこのゴールデンウィークを
通して【得たい感情】を明確にし、

その【得たい感情】を得られるような計画をたてて
みてはいかがでしょうか?

得たい感情=気持ちが欲しいんですね。

素敵なお家に住むとどんな気持ちでしょうね‥‥‥。
スポンサーサイト

【2017/05/02 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック