健康な体

?さんより

子供の頃からいつも風邪をひいたり、よく病気になり体が弱いと思います。

現在特別悪いところは無いのですが調子が悪いです。

そろそろ癌になっていくのではないかと心配です……。


先ずは

「健康になる、と自分の意思で決める」

これが、健全な肉体を作る上でまず知っておかなければならない秘訣です。

健康になろうと自分で決めれば、その分だけ健康になれます。

精神面、感情面、スピリチュアルな面が肉体に大きく影響します。

自分の健康を、他の誰かに任せるのではなく(たとえ医者であっても)、100%自分が責任を負わなければいけません。

自分の心と日頃の習慣が肉体を作り、または肉体を傷つけています。

ある研究では、体内には肉体を作るパワーがありますが、それと同時に、自分の弱点や病気を克服する力もある事が分かりました。

いつでも何かが変化しています。

だから、自分の習慣や思考を変化させようと決心すれば、健康で、活力のある、強い肉体をいつも作る事ができます。

物事に対する自分の姿勢、感情は病気に関係性があります。

肉体、心がノーマルな状態であるのが健康。

これを自覚することが大切です。

年をとれば病気になるのも当たり前だと世間の人は言うかもしれませんが、誰一人として、それが当たり前だと証明してはいません。

そうは言っても、体力の低下、不眠、倦怠感を時折感じたり、健康不安があるから、先ほどの心と体と精神の考え方はどうも信じなれないと思うかもしれません。

でも、心を強く持って下さい。

健康な肉体作りの秘訣は心と体と精神をいかに結びつかせるか、それに対する常日頃からの努力と、その内容によって決まります。

Dr. ディーパック・チョプラの著書「パーフェクトヘルス」には

「自分の肉体を細胞と組織と臓器の集合体だと考えるのではなく、常にぶくぶくと湧き上がるインパルスが肉体を作り、コントロールしている。

肉体とは静かなる知性の流れだと考えよう。そして、そのレベルに達する事ができれば、ふと思っただけで肉体の何かを変化させることができる」

と書いてあります。

そして、肉体の細胞は知的であるとも書いています。

人間の肌は5週間おきに生まれ変わります。

硬く頑丈だと思われている頭蓋骨も、実は3ヵ月ごとに、胃の粘膜は5日毎に新しくなっています。

見た目は何も変わっていないようでも、実際は新しい細胞に入れ替わっています。

毎年、体内にある原子のなんと98%が入れ替わっています。

なんかすごいですね。

いつまでも健康でいたいのなら、自分の信念、態度や行動も大事です…………。

自覚しましょう。

昔から「病は気から」って…………。
スポンサーサイト

【2017/03/25 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック