なるほど

なるほど!って思ったので紹介します。

日本の厚生省にあたる、フィンランド保健局が、40~45歳の管理職を対象に、

定期検診、栄養のチェック、運動、タバコ、アルコール、砂糖の摂取抑制を承知してもらい、15年間にわたり、追跡調査を行いました。

これを1グループとしましょう。

同時に同じ年齢、職種の人々を選び、そちらには何もお願いせず、ただ定期的に健康調査をして、両方の比較を行いました。

こちらを2グループと呼びます。

その結果、心臓血管系の病気、高血圧、死亡、自殺、いずれも一方が少ない、というデータを得ました。

そして、それは当局の意に反して、何もしていない2グループだったのです。

その結果に驚いた保健局は、どうして健康的、理想的な生活行動が、有害な結果に終わったかを考えてみました。

そこで得た結論は、治療上の、過保護と生体の他律的な管理は、健康を守ることにならず、逆に依存、免疫不全、抵抗力の低下をもたらしてしまう、ということでした。

さらに、医療においても、個人を保護し、責任を免除することは、自我の確立を妨げることになり、結果として不健康な状態を、もたらすと説明しています。

つまり、人にとって管理されすぎること、自発性を奪われることは、何にもまして「害」なのです。

マネージャーが部下を管理しすぎることや、親が子供をコントロールし過ぎることは、部下や子供の自発性を奪い、状況対応能力を低下させます。

マネージャーや親には、「任せる」技術が、求められているのです。

関心を持ち、会話を交わしつつも、「必要以上の管理はしない」「部下や子供の自発的な行動を促す」ことに価値を置いた、効果的な関わりの持ち方です。

同じことを言っても、相手がプラスに感じると、その人の自発的な行動を促すことにつながりますが、

マイナスに感じると、相手をダメにしてしまうこともあります。

たとえば、「報・連・相」(報告、連絡、相談)という、成長ポイントについて。

ここで、上司が自分の聞きたいことしか聞かなかったり、先輩が「後で聞くから」と、仕事の手を休めなかったりすると、

新人は「どうせ言っても聞いてもらえない」というマイナスの感じ方をするようになることがあります。

対して、上司が「報・連・相は責任だ」と発言したり、先輩たちが活発に報・連・相をしていると、

新人は「疑問や違和感を素直に言ってもいいんだ」と、プラスの感じ方ができるようになるのです。

部下や子供を、管理し過ぎないで、自発性を与え、状況対応能力を、伸ばしてあげましょう。

幸せなセルフイメージはあなた自身も幸せにします。

是非やってみて下さい。
スポンサーサイト

【2016/10/13 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


ヤーズくん
林三十津
すいません、突然、2年前に、見てもらった、美味しいパン🍞を持って行った林です、
家も祓ってもらった、林です、布袋さんもいます
ヤーズくん、ピンクのヤーズくん、いつも身につけてたのですが、今朝、落として、頭の所が、かけてしまいました、どうしたら良いですか?持たない方が良いですか?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/13(Thu) 15:57 |   |  #[ 編集]
ヤーズくん
すいません、突然、2年前に、見てもらった、美味しいパン🍞を持って行った林です、
家も祓ってもらった、林です、布袋さんもいます
ヤーズくん、ピンクのヤーズくん、いつも身につけてたのですが、今朝、落として、頭の所が、かけてしまいました、どうしたら良いですか?持たない方が良いですか?
2016/10/13(Thu) 19:36 | URL  | 林三十津 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック