○さんより

周りに嘘ばっかりつく人がいます。なぜそんな事ばかりするのでしょうか?

その人の周りには同じような人で群れています。うっとうしいです。

ちょうどいい記事がありました。

小池百合子新都知事の右腕 除名覚悟の「若狭勝」氏が都議会のウソを暴く

『嘘の見抜き方』若狭 勝[著]

■元東京地検特捜部検事

 都知事選で圧勝した小池百合子氏の選挙戦の最中、彼女の後ろに立つ姿がよくテレビに映っていたのが、自民党の若狭勝衆議院議員。
今回は、党から「小池を応援したら除名」といった通達があったにもかかわらず、除名覚悟で小池氏の応援に回ったことから、
当選の陰の立役者の一人とも言われている。都知事選の後、彼は「できれば自民党に籍をおいていたい」とフジテレビの情報番組「とくダネ!」で心情を吐露しているが、
どういう処分が下されるかはまだ不透明なところだ。

 その若狭氏、かつて東京地検特捜部検事だったのは有名な話。数多くの取り調べにかかわってきた彼は、3年前、『嘘の見抜き方』という本を出版している。
同書は「人が嘘をつく4つの理由」「嘘を見抜くための心得」「嘘つきのつかうセリフ」等々、過去の知見を活かした独自の「ウソ」に関する考察、見抜き方が盛り込まれた1冊。
 
 今回はその中から「人が嘘をつく4つの理由」についての解説を紹介してみよう(以下、引用は同書より)。

■嘘をつく理由は4パターン

 検事経験を通じて、たくさんの嘘に接してきた若狭氏は、嘘には「自覚的につく嘘」と「無自覚につく嘘」があるという。

 そのうち前者はさらに4つのパターンにわかれる。

(1)自分を守ろうとする「防御の嘘」

(2)自分を大きく見せようとする「背伸びの嘘」

(3)他人を陥れるための「欺瞞の嘘」

(4)他人を守るための「擁護の嘘」

(1)は動物の持つ「防御本能」に近いものだ。

「ただし人間が恐れているもの、逃れたいものは他の動物よりはるかに複雑です。処罰されたくない、仕事を失いたくない、信用や地位を落としたくない、お金を失いたくない、

家族を失いたくない、怒られたくない……。自己防衛として、真実を覆い隠し、隠蔽し、ごまかすのはある意味必然なのです」

本当にその通りですね。

本を買って読んでみて下さい。

嘘ばっかりついている人の結末は『因果応報』です。

これを読んでいる方は大丈夫ですから………。
スポンサーサイト

【2016/09/30 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック