自律神経失調症

?さんの話です。

朝起きて、会社に行くためにワイシャツを着て、ネクタイを締めようとすると、めまいが、するのです。

あまりにひどい、めまいなので、今日は休むと妻に言って、またパジャマに着替えると、めまいが、おさまります。

「あれっ! 気のせいだったのか」と思って、もう一度、ワイシャツを着ようとすると、めまいが、ちゃんと起こります。

てっきり、なまけ病だと思いました。

結局、自律神経失調症と診断されたのですが、その内、もっとひどくなってきたので、会社の会長に話しをしに行きました。

すると、会長は驚くことを話してくれました。

「実は、僕も精神安定剤を飲んでいるんだよ。」

「社長も電車に乗って、会社に近づくと、震えが始まって、電車を一駅ごとに降りて、その震えが止まってから、また一駅乗って、というようにして、出勤しているんだよ。」

と言うのです。

「あなただけではないんだよ」と、慰めて下さったのでしょうが、そういう会社で勤めていることが、ちょっと、余計に恐くなりました。

私は、カウンセリングにも通っていたのですが、

そのとき、カウンセラーに、「どうしたら良くなるのでしょうか?」と尋ねると、

「ストレスの原因になっている、あなたの仕事を辞めればすぐになおりますよ。」と言われました。

それで、私は本当に辞めることにしました。

家族を連れて、前から望んでいた、アメリカ留学をしようと決意しました。

会長にも言って、辞めようとしたとたん、めまいとか、脱力感が、どこかに吹っ飛んでしまいました。

楽しくて、楽しくて、早く留学したい気持ちで一杯でした。

状況は変わっていないのに、何故、急にめまいとか、脱力感が吹っ飛んでしまったのでしょう。

こんな言葉があります。

「問題はすべて、思考がつくりだす妄想」  エックハルト・トール

エックハルト・トールによると、問題なんて、最初から存在しないのだそうです。

実際に存在するのは、「いま」取り組むべき「人生の状況」です。

でも、なぜ「状況」を、「問題」に変えてしまうのでしょう?

これは人間とって、「苦しみと不幸」の根源なのです。

問題をこしらえるということは、すなわち、痛みをこしらえることです。

わたしたちがとるべき事は、とても簡単な決断をすることだけです。

「どんなことが起きようと、わたしはもう二度と『状況』を『問題』に変えて、自分に痛みを与えない!」こう決断することです。

そして、イメージトレーニングで、問題だと思っていることを、消してしまいましょう。

自分で治せる!
スポンサーサイト

【2016/08/24 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック