自分で決める

?さんへ

ずいぶん前に、何もできません!っていう人が来ました。

「なんで?」

「だって、私は知的障害者だからです。」

「二度とそんな事は言わない。他人の意見をあなたの現実にする必要は無い。」

?さんは、その時から、自分の可能性、夢について考え始めたと言います。

その後、明るい元気な人となり、仕事もきちんと出来るようになったそうです。

私の一言が人生の転機だったと言います。

それまで、「知的障害者」というレッテルを貼られ、自分自身もそう信じていたそうです。

私が言ったことで

「自分が何者かは自分で決めることが出来る」

そう考えはじめ、夢を実現して行くことになったのです。

もちろん、その道は平坦で簡単な道のりだったわけではありません。

ですが、自分で自分の可能性を決め、あきらめることはありませんでした。

その結果、幸せな毎日を過ごしています。

あなたはどうですか?

あなたは何者でしょうか?

それは、他の誰か、あるいは、過去の経験によって与えられたあなたのセルフイメージではないでしょうか?

しかし、人は常に成長することが出来る!

もし、あなたが過去のどこかの時点の評価や結果によってその可能性を否定し、制限しているのであれば、もったいないことです。

逆に、

あなたが未来のなりたい自分の可能性を信じ、そのセルフイメージで自分を見始める時、

そして、そのセルフイメージにそって

「その理想の自分ならどう考えるか?」

「理想の自分ならどう振舞うか?」

そう考え始める時、あなたの中の眠った可能性を解き放ち本当の自分へと近づいて行くことになるのです。

あなたが何者であるか?

それは、他の誰かや過去の経験によって制限させてはいけない。

あなたの人生と運命を他の何者かに決めさせてはいけない。

あなたが何者であるか?

そして、あなたの人生と運命はあなた自身が決めることが出来るのだから………。

その理想の自分にふさわしい考えをし、ふさわしい行動をし、学びを継続することで本来のあなたの可能性を開いて行って下さい。

自分で決めれます!

ここからがスタートです。
スポンサーサイト

【2016/07/20 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック