七夕

七夕と言えば、短冊に願いを書いて笹に飾りますよね。

?さんより

七夕が終わったら 笹の後始末はどうするもの?

昔は7月6日に笹と短冊を飾り、7日の未明に片付けていたようですが、現在は、7月8日に七夕飾りを片付けます。

以前は、笹と短冊を、川や海に流す風習がありました。

これは、川に流すことでそれが天の川に繋がり、願いが天に届けられるように、という考えからだったようです。

また、川がない地域では、笹と短冊は燃やします。

これも、燃やすことで煙が天に昇り、願いが天に届けられるように、という考えからですね。

七夕の笹と短冊は燃やす?流す?その他の方法は?

以前は、川に流したり、庭で燃やしたりしていたわけですが、現在は環境汚染の問題から、禁止されている地域がほとんどです。

では、どうやって処理するのか。

大きく分けて、2つの方法になります。

神社に持っていく

神社では、古いお守りやお札を回収して燃やす、「お炊き上げ」がされています。

笹と短冊もお炊き上げしてもらうという方法があります。

笹は小さく切って束ね、短冊は白い紙に包んで持っていきましょう。

白い紙に包むことで、「清める」「浄化する」という意味があります。

※持って行くときには、お炊き上げをしてもらえるのか、事前に神社に問い合わせましょう。

また、地域によっては、毎年1月15日前後に行われる、「とんど」という行事があります。(地域によって呼び名が少し変わります)

とんどは、お正月の飾りなどを燃やす、いわば「お炊き上げ」ですから、このときに笹と短冊を燃やす方法もあります。

ゴミ処理する

神社に持っていくことや、とんどで燃やすことが難しい場合は、燃えるゴミとして処理します。

神社に持って行くときと同じように、笹は小さく切って、短冊は白い紙に包んでだしましょう。

ただ、「願い事を書いたのに・・・」と、ゴミ処理するのに抵抗を感じる人も多いと思います。

それでも仕方がないからという場合には、笹と短冊に、塩をふってお清めしてから処理すると良いでしょう。

願い事を書く!という事は大事ですからぜひやってみて下さい。

『私は幸せなお金持ちです』
スポンサーサイト

【2016/07/07 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック