手抜き

他の人と一緒に何かをする時手抜きとしてしまう方いませんか?

ついついそうしてしまう………。

「1+1=2以上になる」

人と人が力を合わせればパフォーマンスが上がる比喩ですが、おそらく一度は聞いたことがあるのでしょう。

現実は、こんな単純にはいかないもので逆に、人が増えることでパフォーマンスが下がることもあるのではないでしょうか。

実際、どうなのかそれを実験をした研究者がいました。

その実験によると、

1人で綱引きをした時に綱を引く力を100%だとすると

2人で綱を引いた時の一人当たりの力は93%に減少。

3人では85%、

4人では77%、

8人になると一人当たり49%にまで減少したということです。

この実験は「リンゲルマン効果」と言われ集団になると心理的に「手抜き」が起こることを証明した実験です。

「ほかの人が頑張るから、自分は力を抜いても大丈夫だろう」

とか

「自分が頑張ってもどうせそれに見合うだけの評価がされない………」

という心理が働き、ついつい手を抜いてしまう。

つまり、人は人数が増えるほど無意識に「サボる」という習性が働くということです。

組織やチームに対して

・もっと成果が出せるはずなのに………。
・もっと力を合わせてやってほしい………。
・個人のスキルは高いのに、チームワークがない………。

と悩んでいるのは、この心理的な「手抜き」が働いているのではないでしょうか。

この集団特有のサボりをなくし意識の高い、強いチームを作りたいですね………。

日本一のチーム が見たいです。
スポンサーサイト

【2016/05/18 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック