気持ちの持ち方

「若い気持ちを保つ人は、老化が遅い」

本当にその通りですね。

周りにいませんか?

女優さんとかは特にすごいですね…………。

若い気持ちを保つことは、「情熱」を保つことと、密接に関係しています。

では、若い気持ちを、いつまでも保つために、何を考え、何を行ったらよいのでしょうか?

そもそも、若い気持ちを保つための妙薬など、あるのでしょうか?

私はある、と信じています。

ある動物実験で、成体になった、ねずみの例があります。

遊び道具の多いカゴに入ったねずみは、普通のカゴに入ったねずみよりも、1つのニューロン当たりの、より樹状突起の数が多くなるのだそうです。

つまり、脳がより発達するということです。

私たち人間も、楽しいことにチャレンジすること、好奇心を持って、新しいことにチャレンジすることで、心を、若く保つことができるのです。

また、学び続ける人も、常に「情熱」を持ち続ける人です。

実際の年齢が80歳であろうとも、「情熱」を持っている限り若々しくみえるものです。

しかし、学ぶ事をやめ、固定観念に支配された人は、年老いていくのです。

たとえ、20歳であろうとも、心は年老いていきます。

学び続ければ、新鮮な発見と出会える喜びもあります。それが若さの秘訣といえるでしょう。

年をとっても、人の脳には「可塑性」という、死滅した脳細胞を、蘇らせる脳力が、備わっているのだそうです。

この脳力こそ、人の脳の特徴でもあるのです。

ですから、自分には無理だとあきらめず、否定せず、脳に刺激を送ることが大切です。

好奇心を持って、前向きに趣味や、読書、思いっきり笑うことなど、何より、チャレンジする心構えが重要だと思います。

あなたは、若い気持ちを保つために、どんなことにチャレンジしていますか?

どんなことに「情熱」を持ち続けていますか?
スポンサーサイト

【2016/05/11 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック