寿命

寿命の事を考えた事ありませんか?

ちょっと調べてみました。

動物の寿命については、東京工業大学の本川達雄教授が、「ゾウの時間、ネズミの時間」と言う本の中で、興味深いことを書いています。

「哺乳類の場合、いろんな動物の寿命を、心周期(心臓が1回ドキンと打つ時間)で割ってみますと、15億という数字が出ます。

つまり、哺乳類の心臓は一生の間に、15億回打つという計算になるわけです。

ハツカネズミは、心臓がドキンとするのに、0.1秒しかかかりませんから、15億回打ち終わるのに、2−3年しかかかりません。つまりネズミの寿命は2~3年です。

それに対して、インドゾウは、1回ドキンとするのに3秒かかるので、15億回、脈拍を打つのに、70年近くはかかります。

ゾウはネズミよりずっと長生きなのですが、心拍数を時間の単位として考えるなら、ゾウもネズミもまったく同じ長さだけ、生きて死ぬことになるわけですね」

「そうなると、人間の場合はどうなのかなあ?」という疑問がわいてきました。

本川教授の計算だと、26.3年になります。

しかし80才まで生きる人がたくさんいるのに、これは納得いかない数字ですよね。

でも彼は、こうも言っています。

「人間も、もし、煮炊きする技術もなく、入れ歯もなかったら、人間だって50歳を過ぎたら、食べられるものがなくなってしまいます。

もちろん、入れ歯だけで80年、というわけではないですよね。

安定した食料供給、安全な都市や医療の発達等が、飛躍的に人間を長寿化させた要因です」

「実は、縄文人の寿命は31年だったという推測値があります。

本来の人間の寿命はそのくらいなのかもしれません。

15−16歳で子供をつくって、ある程度子育てして、次の世代にバトンタッチしていくという循環だったんでしょう」

となると、私達はもう寿命を通り越して、何十年もおまけの人生を生きていることになります。

おまけの人生をどう生きるか、自分に与えられた時間の中では「おまけ」の部分は、

ある意味では自分自身で設計して生きられる、やりたいようにやれる、自由な時間と言えるかもしれません。

そう考えると、気楽に、楽しく生きられると思いませんか?

おまけの時間なんです。

心のブレーキをはずして、挑戦したかったことを、やってみませんか?

今の時代でよかったですね………。
スポンサーサイト

【2016/04/06 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック