お彼岸

”お彼岸“って?

彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミターを漢字で表した「到彼岸」の略です。

元々は仏教の用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味です。

お彼岸にお墓参りをする風習は、日本だけの独特のものです。

お彼岸の中日である春分の日の意味は「自然を称え、生物を慈しむ」、秋分の日が「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」という意味をもっています。

その昔、西は「西方浄土」といわれ、仏様がいる極楽浄土の世界として、西に向かって念仏すれば必ず往生されると信じられていました。

そのため、

太陽が真東から昇って真西に沈む春分

「彼岸」と「此岸(しがん)」がもっとも通じやすくなる秋分

※此岸(しがん)・・・人間が住む世界という意味

この日をお彼岸とするようになりました。

また、親類が亡くなってから、初めて迎えるお彼岸を「初彼岸(はつひがん)」といいます。

彼岸の時期や期間は?

このように彼岸には春分の日の春彼岸と秋分の日の秋彼岸があり、

それぞれを中日として、前後の3日を合わせた7日間これが「お彼岸」と呼ばれる期間となります。

また、お彼岸の始まる日のこと を「彼岸入り・彼岸の入り」といい、お彼岸が終わる日のことを 「彼岸明け・彼岸の明け」といいます。

2016年のお彼岸は以下になります。

▼春彼岸

3月17日(木)・・彼岸入り

3月20日(日)・・彼岸の中日(春分の日)

3月23日(水)・・彼岸明け

▼秋彼岸

9月19日(月)・・彼岸入り

9月22日(木)・・彼岸中日(秋分の日)

9月25日(日)・・彼岸明け

私も春の彼岸を「彼岸」「春彼岸」と呼ぶのに対し、秋の彼岸を「のちの彼岸」「秋彼岸」と呼び分けるこも知らなかったです。

”お彼岸”って大切にしたいですね。
スポンサーサイト

【2016/03/21 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック