人から妬まれたら

いろんな人から妬まれて悩んでいる方がよく来ます。

どんな感じか?

自分が欲しいものを持っている相手……。

名誉
美貌
体型
キャリア
幸せ
お金
人脈
成功
安定

などなど、欲しいものを持っている相手に対して、羨ましいと思います。

それは誰もが持つ自然なことだと私は思っています。

ところが羨ましさが、だんだんと「自分は負け組」というような、勝ち負けを意識し始めた時から妬みに変わります。

自分が欲しいものを、自分よりも持っている人が勝ちで、持っていない私は負け……。

実際に比べられるものではないのですが、感覚的に自分の方が劣っている、負けていると錯覚しやすい人ほど、相手を妬みます。

妬みは自分でコントロールしないと暴走します。

妬みの対象となる相手を批判する。

あること、ないことの、ないことをいろんな人に触れ回る。

すると、心無い噂話が自分の耳にも入るようになります。

「気にしないでいよう。言いたい人には言わせておこう。」と自分に言い聞かせても、モヤモヤする……。

相手は言いたい放題なのに、なぜ何も悪くない私がこんなひどい目に合わなければいけないのか、我慢しなければならないのか。

この気持ち、よくわかります。

私も何度も経験しましたから…………。

この考え方は悲劇のヒロインになっているのですね。

悲劇のヒロインは、悲劇がないとヒロインになれないのです。

ということは、負け組。

つまり、あなたを妬んでいる嫌な人と、同じ土俵に立ってしまっているということなのです。

妬んでいる相手と同じ土俵に立っている。

二人とも悲劇のヒロイン。

イメージしてみて下さい。

お互いの悲劇自慢をしているわけです。

これは妬んでいる人の作戦なのです。

そんな作戦にのっては、もったいないですよ。

妬みは、必ず自分のところに戻ってきます。

人を妬めば妬むほど、自分がどんどん悪循環になり、不幸を自分に引き寄せてしまうのです。

結果的に相手が妬んでいるのは、あなたではなく、自分を妬んでいるということになります。

相手から妬まれていたとしたら、こんなことをしたらいいと思います。

それは、心を込めて「申し訳ありません。」と言います。

この言葉は、妬んでいる相手に言うのではなく、妬みという波動を浄化させるために、心を込めて言います。

妬みの空気を浄化するようなイメージですね。

妬む相手のことが気になってしまったら、何度も「申し訳ありません。」と妬みの空気を浄化してみて下さい。

そして高いエネルギーのある人とつながって下さい。

高いエネルギーのある人とつながると、自分のエネルギーも少しずつあがり、あなたを妬む人が減ってきます。

自然に持ってしまう感情なので注意しないといけないですね……。

妬まれても妬んだりしないようにしましょう!

?さん、適当に頑張って下さい。

あまり職場の人とはプライベートの付き合いはしないように……。

嫌な人とはほとんど関わらないように………。
スポンサーサイト

【2016/03/20 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック