セルフイメージ

ちょっと、想像してみよう。

紀州産の真っ赤なすっぱ―――い

「梅干し」を…

唾液がでた?

おかしくない?

実際には梅干しなんて目の前にないのに……。

その唾液は不必要だよね?

私らの脳はコンピューターよりもはるかに優れているのは誰もが承知の事だけど、

実は、このように私たちの脳は鮮明にイメージしたことと、現実そのものとの区別があまり上手でない。

他にも

心理学の実験で強い催眠状態に陥った人に

『これは熱した鉄の棒です』

といって鉄をくっつけると、熱さに絶叫するだけでなく実際に火傷らしきものができるそうだ。

なんで?嘘でしょ!?

まさに、脳は自分が事実だと信じた事と実際の事実との区別がつかないのだ。

これが脳に関する重要な事実。

つまり鮮明なイメージがどれだけ、脳の回路に影響を及ぼすかということ。

実際に脳は間違って唾液を出してしまっている。

やけどをしてしまっている。

つまり体も間違って反応したのだ。

だとすれば、ネガティブなイメージというものがどれだけ自分の人生に悪い影響を及ぼすかが分かるだろう。

失敗する事ばかりをイメージしていたら、人間は一歩も動くことができなくなる。

何もチャレンジすることができなくなる。

できるだけ動かずに失敗しないように何事も起きないようにしようとする。

これは極めて重要な事実だ。

脳は鮮明にイメージしたことやそうだと信じたことと、現実との区別がつかない。

あなたの周りにもこんな話はないだろうか?

ネガティブなイメージは持たないほうがいいですよね。

理想のセルフイメージを鮮明に作ることによって、仕事もプライベートも自然とうまくいくようにる。

これを利用しないと損ですね……。
スポンサーサイト

【2016/03/16 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック