胸腺

「胸腺」って?

つらい事があった時などに「キュン」となる胸のところです。

①胸腺

胸腺は心臓のちょうど真上に位置し、Thymus(胸腺)由来のリンパ球、Tリンパ球を育てる。

キラーT細胞・ヘルパーT細胞・サプレッサーT細胞・炎症性T細胞の4つが胸腺で成熟し、それぞれ重要な働きを有する。

免疫を作り出す最も重要な臓器

免疫の細胞をつくり出す場所として最も重要なのは、胸腺です。

胸腺は胸の中央部の胸骨の後ろにある臓器で、鰓(えら)から発生したものです。

生まれたときには十八グラムぐらいですが、その後だんだん成長し、思春期には三〇グラムぐらいにまで大きくなります。
しかし、年齢とともに次第に萎縮し、八〇歳までには最大時の二分の一以下になってしまう不思議な臓器です。
胸腺は免疫をつくる「Tリンパ球」を育てる

胸腺の働きはこれまで明らかにされていませんでしたが、最近免疫にとって重要な臓器であることが分かってきました。
胸腺は、強力な免疫をつくり出してこれをコントロールするTリンパ球を育てます。Tリンパ球をはじめとする白血球を育てる臓器としては他に、肝臓や腸管がありますが、胸腺はTリンパ球だけを専門に育てているのです。

「Tリンパ球」は白血球のエリート

胸腺でつくられたTリンパ球は、白血球のなかでもエリートで、自己には反応せず、マクロファージが異物が侵入したことを伝達するやいなや、Bリンパ球に抗体をつくらせたり、キラーT細胞にウイルス感染細胞や癌細胞の処理を命令したりして、免疫を働かせるのです。また、亢進した免疫を抑制するT細胞も胸腺で作られます。胸腺は、人が生まれてから成人になるまでの間、我々の体を守っています。生まれたときは母親から胎内でもらった抗体と母乳中の抗体で体を守っていますが、その後は自力で体を守るしかありません。このとき免疫をつくり出し、力を発揮するのが胸腺なのです。

胸腺はストレスなどに弱い

このように、胸腺は人にとって非常に重要な臓器なのですが、精神的なストレスや、放射線、抗がん剤やステロイドホルモンなどに弱い面も持っています。
ストレスが軽い場合には、胸腺は萎縮しても元にもどる力がありますが、ストレスが長く続くと萎縮したままになって、免疫力が低下してしまいます。
加齢やストレスなどで胸腺が萎縮してしまったときには、その分、肝臓や腸管でTリンパ球が多くつくり出され、免疫力を保っていくようになります。

「胸腺」大事なところです。

ペンダントトップを胸腺のところにはこういう事なんですね。
スポンサーサイト

【2016/03/13 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック