人生とスポーツ

アイスホッケーも、バスケと同様に攻守の切り替えの早いスポーツです。

攻守がめまぐるしく切り替わっていく試合の感じが基本的に好きです。

考えてみれば、人生も同じです。

常にめまぐるしく状況は変化しています。

調子のいい時もあれば調子の悪いときもあるでしょう。

山もあれば谷もあるでしょう。

攻めの姿勢が必要かと思えば、すぐに守りに入らないといけない時もあるでしょう。

環境や他人など、周りは常に変化に対して、変化が止むことはありません。

小説や映画などの物語ではハッピーエンドが用意されていて、その後は幸せな生活が永遠に続くかのようです。

しかし、現実はそんなはずありません。

常に周りは変化していますし、状況も変わりますし、自分自信も変化しています。

休む間もなく攻守が入れ替わるように、刻一刻と変化する外界を認知し、今するべきことを明確にしていかなければなりません。

切り替えなければならないのは、行動だけではありません。

心も同じです。

多くの人は、過去のことにとらわれて今を生きています。

昨日、仕事のミスで落ち込んだ状態を今日も持ち込んだまま仕事をしています。

スポーツでそれをやっていては、絶対に勝てません。

ミスをして落ち込んで、コートに突っ立っているわけにはいきません。

すぐに心を切り替え、今すべきことに集中しパフォーマンスを発揮しないといけないからです。

人生がスポーツの試合だとするなら、心を切り替えることができなければ、負け続けてしまうことになるかもしれません。

人生とスポーツよく似てますね………。
スポンサーサイト

【2016/02/02 08:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック