習慣

人格は繰り返す行動の総計である。

それゆえに優秀さは単発的な行動にあらず、習慣である。
          
                  アリストテレス


良い習慣を築くためには、小さな目標を設定し、達成していくことが大切です。

例えば運動を始めるとき、最初は、1日あたり5分だけでいいと、自分に言い聞かせて外出します。

5分では、ほとんど運動になっていないと、思っても、外出しないよりはましだと、

前向きに捉えて、とにかく外出するようにします。

すると、日が経つにつれて、この5分が10分に、10分が30分にと増え、また「ただ外に出る」ことが、

「散歩をする」や、「軽く走る」ことに変化していき、「運動すること」への、心理的なハードルが、低くなっていきます。

「今日から毎日10キロ走る!」などと、壮大な目標を掲げるのでもなく、目先の小さな目標に集中するのです。

行動のための心理的なハードルが、低くなりきった、実行しないことの方が難しいくらい、

行動が生活の中に定着した状態を、「習慣」と言います。

習慣化の目標は「何日続けるぞ」とか、「これだけ達成するぞ」というように、ハードルを上げる行為ではありません。

どれだけハードルを下げられるか、それが成功の決め手となります。

行動を習慣として定着させるには、ハードルを十分に低くすることと同時に、

いつするか、どんなタイミングでするかを、決めておくことも大事です。

もう1つの鍵は、記録することです。

毎朝起きてすぐと、毎晩風呂から上がったときに、体脂肪計で、いろいろ測定して、記録しておきます。

それだけで、ゆるやかなダイエット効果があります。

記録することが、ダイエットにつながるのは、

客観的な数値として、自分の現状を知ることが、変化へのきっかけになるからです。

良い変化を見ては、「よし、このまま続けよう」とモチベーションが上がり、

悪い変化を見ては、「夕食に、食べ放題には行かないぞ!」と猛省するのです。

ダイエットに限らず、あらゆる習慣作りの成功のために、ハードルを下げて、やるタイミングを決めて、

続けることと、小さな変化を、記録し続けることが、想像以上の力を発揮します。

例えカンタンなことからでもスタートをして、記録をとっていく手法をおすすめしています。

是非、参考にしてみてください。

習慣にしてしまい毎日やってみて下さい…………。
スポンサーサイト

【2016/01/28 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック