最高のプレゼント

自分自身に最高のプレゼントをあげて下さい。

人間は、自分自身の思い込み(=セルフイメージ)によって支配されていて、人間の脳は、誘導ミサイルのように目標を自動的に追求する……。

実は、私たちは元々、成功を追い求めるようなプログラムを脳の中に持っていて、

それを正しく使えば、一生懸命、必死にがんばらなくても、脳が自動的に成功を追い求めてくれる・・・という事です。

それでは、 一つずつ説明したいと思います。

「セルフイメージ」とは自分自身に対する意見です。

あなたが自分のことをどういうふうに思っているかをあらわすものです。

例えば、、、

自分は社交的な人間だと思っているのか?

自分は内向的な人間だと思っているのか?

自分は健康的な人間だと思っているのか?

自分は病弱な人間だと思っているのか?

自分は仕事ができる人間だと思っているのか?

つまり、自分自身に対する思い込み、そういうものです。

セルフイメージは自分自身の設計図と言えるのです。

どんなに簡単な建物でも設計図なしに建てることができません。

家を建てようと思ったら、まず、設計図が必要で、大工さんは設計図を元に、家を建てていきます。

それと同じように現在のあなたにも設計図があるのです。

設計図があって、 その設計図どおりに今の自分を作っていっているのです。

セルフイメージは「 自分自身が誰であるか? 何者であるか?」という考えやイメージです。

セルフイメージは特に子どものころ、親や周りの大人たちの意見、友達からの意見、目にしたTVや雑誌などの影響によって知らず知らずのうちに作られていきます。

学校の先生や親等から「あなたはとても頭のいい子だ」と何度となく言われれば、「自分は頭のいい人間だ」ということを信じるようになります。

あるいは、成功や失敗の経験、他の人が自分にとった態度などから無意識のうちに、そして知らず知らずのうちに作られていくのです。

そして、一度『自分はこういう人間だ」という考えがセルフイメージとして自分の中に定着すると、人はそれを真実だと思って、その真実に従って行動するようになるのです。

つまり自分自身の設計図とおりの人間になろうとします。

あなたの行動や感情、振舞いなど全ては、このセルフイメージとぴったり一致しています。

自分の心のなかにある、自分自身のイメージがあなたの人生の運命を握っているわけです。

重要なので、もう一度言いますが、自分は現在、こういう人間だから、こう言うセルフイメージを持っているということではありません。

こういうセルフイメージを持っているから、現在こういう人間になっているのです。

順番が逆なのです。

セルフイメージが必ず先にくるのです。

例えば、普段から見知らぬ人ともすぐに仲良くなれるから、「自分は社交的な人間だ」 というセルフイメージができるのではありません。

「自分は社交的な人間だ」というセルフイメージがあるから、見知らぬ人とも社交的に振る舞えてすぐに仲良くなれるのです。

ほとんどの人はこの順番を逆に考えています。

重要なことは、 セルフイメージに沿った行動は、必死にがんばらなくても、簡単にできる・・・という事です。

しかし、セルフイメージに反する行動は、かなりの努力をしないと、続ける事ができないのです。

自分自身に最高のプレゼント『セルフイメージ』をあげて下さい。

きっと最高のプレゼントになると思います。

楽しみですね………。
スポンサーサイト

【2015/12/25 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック