「成功に導くのは気持ちが80パーセント、能力は20パーセント」

こんな言葉、聞いたことがありませんか?

時間とエネルギーを注げば学べないことはありません。

変化を受け入れ、その変化を自分や将来のため前向きに活用しましょう。

自分や自分の将来を決めるのは、この気持ちの持ち方なのです。

どんな仕事にも、問題ばかり起きてイライラする時があります。

入ってくるのは良くないニュースばかり。スタッフにはがっかりさせられ、過酷な競争で息苦しくなるほど…。

そんな状況でも成功を収め繁栄する人は、耳に入ってくる情報を管理する「模範的な行動基準」がある人です。

ロバート・シューラーは言いました。

「成功はあなたの考える通りにやってくるものではない。成功はあなたの思考そのものがもたらすものである」

オリバー・ウェンデル・ホームズの言葉です。

「我々の前後に存在するものは、我々の内に存在するものに比べれば些細なものである」

シンプルに言ってしまえば、成功の可能性はあなたがそれを予期した時にぐっと高まる、ということです。

では「模範的な行動基準」とは何でしょう? 

それはどんな変化にも対処できるような情報を持っていることです。

自分自身の身を守らなければなりません。

十分な情報を持っていないと的確な決断はできません。

最悪な決断をした時の自分を思い出してみましょう。

自分のためになるような行動を取らず、周囲の状況に流されて行動した時ではないですか?

人生で手に入れられるものは、あなたが心を注いだものです。

限界ばかり考えていると、限界が訪れます。

最高の状況は最大限に生かしつつ、最悪の状況では

少しでもましになるようにすれば、あらゆる面において人生は好転するはずです。

凡庸な状況を最高の状況に高める姿勢とは、どのような状況でも良い面を探し出そうとする意欲です。

困難な状況や逆境こそ隠れた素質や能力を引き出すチャンスであることを楽天家は知っています。

起業家は上手に危機を乗り越えるための決定を下さなければなりません。

他人が問題だと考えるものを起業家はチャンスと捉えます。

トーマス・エジソンは言いました。

「我々ができること全てをやったなら、我々は文字通り仰天するだろう」

もう一つ好きな言葉があります。

「現実の問題は克服できる。克服できないのは想像上の問題だけである」

周囲で起きている出来事に対する考えを再検討してください。

周りで起きている変化を自分にどう役立てることができるでしょうか?

本当の豊かさを生みだすのは、他者の問題をも解決する方法を模索する人です。

心を注いで頑張りましょう。
スポンサーサイト

【2015/11/07 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック