すぐやる

「僕はずっと山に登りたいと思っている。でも明日にしよう」

「おそらくあなたは永遠に登らないでしょう。」

童話「葉っぱのフレディ」で有名な教育学者、レオ・ブスカーリアの言葉です。

「思うことと、行動することの間には、大きな開きがある」

「いつか、いつかと思っていることは、ずっとできないかもしれないと覚悟しよう」と言っているようですね。

彼はまた、こうも言っています。

危険を冒さない人は、何も行わず、何も得ず、無に等しい。

苦しみや悲しみを避けることはできても、彼は学ぶことも、

感じることも、変化することも、成長することも、生きることも、そして愛することもできない。

例えば、仕事とかを、「先延ばし」し始めてしまうと、結局、期限ギリギリになるまで、

手をつけられなかったり、しがちですよね。

「先延ばし」は、「いつかやらなくてはいけない」という気持ちと、

「今はやりたくない」という気持ちの、せめぎあいや、葛藤によって起こります。

ただし、どんな仕事でも、先延ばししてしまうわけでもありません。

特に「難しい」とか、「面倒な」仕事、つまり「心理的なハードルが高い」仕事ほど、先延ばしが、起こりやすくなります。

先延ばしを防ぐためには、この「心理的なハードル」を下げる工夫が必要です。

このハードルを下げるためには、「仕事を分割する」のが有効です。

「仕事を分割する」ことで、心理的なハードルも、小さくするわけです。

たとえば、ちょっと面倒な報告書を、書かなければいけない場合、

パソコンの前に座っても、気が重くて、手をつけられなかったり、

つい、他の作業を始めてしまったり、することもあるものです。

これも一種の先延ばしです。

いきなり、「報告書を書く」という仕事に向かうのは、ハードルが高すぎるわけです。

こういう場合には、「まずは、報告書に書く内容を下書きする」というところから始めると、かなり気が楽になります。

書く内容が決まってくれば、今度はパソコンに向かうのが楽になります。

こうやって仕事を、小分けに分割していくと、先延ばしが、起こりにくくなってくるのです。

自分の将来を決める、目標などでも同じことが言えます。

大きな目標を、小さく分けてみましょう。

小さくて簡単な目標に、分割してみましょう。

小さくて、簡単な目標だと、達成することが優しくなります。

ですから、先延ばしすることもありません。

あなたは、ビジネスや自分の将来のことで、先延ばしにしていて、ずっとできていないことがありましたか?

今からでもやりましよう。

私もやっていきます………。
スポンサーサイト

【2015/10/29 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック