パフォーマンス

よく聞く言葉ですよね。

調べると

1 演劇・音楽・舞踊などを上演すること。また、その芸・演技。
2 身体を媒介とした芸術表現。演劇などのほか、特に現代美術での表現をさしていう。「前衛書道家によるパフォーマンス」
3 人目を引くためにする行為。「街頭宣伝のパフォーマンス」
4 性能。機能。また、効率。「旧型でもパフォーマンスはいい」「コストパフォーマンス」

人のパフォーマンスは「何を」「どんな心で」やるか、の2つで出来ています。

パフォーマンスとは生きる事です。

仕事や生活‥‥全てがパフォーマンスです。

死ぬまで生きるというパフォーマンスをしているということです。

「何を」は内容や戦略。

「どんな心で」は全てのパフォーマンスの質を決めているのです。

何をやっても心の状態が悪ければ、そのパフォーマンスの質は悪いことになります。

するべきことを機嫌よくやれることがいいですね。

人のパフォーマンスを引き出すには「何を」に対する指示の力と

「どんな心で」を機嫌のいい状態に導き、質を高めれる支援の力、

この2つが大事で必要です。

指示は具体的に厳しく明確に、支援は心や質に対する配慮です。

優秀なリーダーはこの両方を他者に促しています。

ただ単に上手くいっているんでは無いんですね‥‥‥。

いいパフォーマンスをしていきたいですね‥‥‥‥。
スポンサーサイト

【2017/05/28 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |