観葉植物

最近、だいぶ冷えてきてます。

この位の時期からは、水やりに注意しないといけないです。

週1回のペースだと枯れてしまいます。

やり過ぎ注意です。

寒い時期に根腐れしてしまった方多いです。

観葉植物を見ると、心が落ち着いてホッとします。

枯れてしまうとガッカリしてしまいます。

私も冬に結構枯らしてしまった事がありました。

本当に寒くなるとほとんど水やりしなくてもいいそうです。

飼っているゼニガメも今の時期は、餌を食べません。

寒くなると冬眠します。

観葉植物も冬眠するんでしょうか?

これから寒くなるのでよく、よく観察してあげて下さい。
スポンサーサイト

【2017/10/18 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
習慣を変える

?さんより

心の視野が広がる事で人生が豊かになり心から楽しく過ごしています。

ありがとうごさいます。

運動の事もそうですが、今までの生活で自分がつけてきた習慣があり、日常の生活で、その習慣を変えることの難しさを実感しております。

心理学では、自分の年齢の半分の年数がかかると言われますが、年齢の半分の年数を反復して行く以外方法はないのでしょうか?

もっと早く習慣を変革できる方法があればお教えて欲しいです。

難しいと思いますが‥‥‥。


「心理学では、自分の年齢の半分の年数がかかる」ということですが、個人的には聞いたことがなく気になったので調べました。

調べてわかったのは、「生きた年数の半分」というのは、習慣についての話ではなさそうだということです。

私が調べて出てきたものは2013年に出版されベストセラーとなった「嫌われる勇気」の著者である岸見先生が

“アドラー心理学を理解し、実践できるようになるには「それまで生きてきた年数の半分の時間がかかる」

とさえいわれているほどです。”と言われている言葉でした。

これは、アドラー心理学を学んできちんと実践できるようになるのは、簡単ではなく、時間がかかるということの比喩表現にすぎません。

つまり、年齢別に実験を行って計測をして習慣が変わるのに年齢によって時間が違うことを実証したわけではありません。

ですので、

「習慣が変わるのに生きた年数の半分がかかる」

というのは、どうやらこの岸見先生のアドラー心理学に対する例えが誤解されて独り歩きしたもののようです。

実際、習慣を変えるのに生きた年数の半分も時間がかかるというのは、私の経験からも当てはまりません。

では、習慣を変えるのには、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?

実は、このことについて研究した人がいました。

ロンドン大学のフィリッパ・ラリー博士です。

フィリッパ博士のチームは、21歳から24歳の学生96人を対象に新しい習慣が身に着くまでにどのくらいの期間がかかるかを調査したのです。

まず、協力者の96人に、新しい習慣を決めてもらいました。

96人のうち、27人は食事に関すること、31人は水などの飲み物に関すること、34人は運動に関すること、

残りの4人は瞑想などを新しい習慣として選びました。

そして、毎日、ネットを使って報告してもらったのです。

その結果、習慣が身に着くまでの時間は18日から254日と個人差がありました。

この研究では、人が新しい習慣を身に着けるには平均で66日間という長い時間がかかり、個人差があるとまとめられています。

ですので、この研究結果をそのまま信じれば、習慣を変えるのにかかる時間は平均で66日間ということになります。

66日間というは、“今まで生きた時間の半分”よりは、はるかに短い数字です。

ですが、個人的には、もっと短くすることもできると思っています。

たとえば

あなたが毎朝コーヒーをのむ習慣があったとしましょう。

でも、ある日、医者から、あなたは特殊な体質的で

「これ以上飲めば、コーヒー一杯につき寿命を1年縮めることになります。」

と言われたらどうでしょうか?

二度とコーヒーなんて見たくないと思うかもしれません。

これは、あくまでも例えですが、

何か知らなかったことを知ったり、気付いたりして考え方の習慣が大きく変わった。

あるいは、失敗や成功など、強烈な体験をしたことでそれ以降の行動が全く変わってしまった。

そんな風に、自分や周りの人の思考や行動の習慣が変わってしまった経験はありませんか?

実は、人が行動をする動機は痛みと快楽です。

人は、その行動に対して“いいことがある”と快楽を連想するから行動します。

逆に、“いやな結果になる”と痛みを連想する事は避けるように行動します。

そして、その“いい”と思う強さが強ければ強いほど、情熱を持ってやるし、“いや”だと思えば思うほど絶対にやらない。

ですので、習慣という“いい”も“いや”もなく惰性でやっているものに対して強力な“いい”や“いや”が発生すると行動は短期間で変わりやすくなるのです。

ですので、もし、短期間に変えたい習慣がある場合。

その習慣をやめるべき理由を明確にすればするほど、短期間で習慣が変わりやすくなります。

つまり、

その変えたい習慣を行ってきたことでどんなマイナスがあるのか?

それを感情的に少し大げさにたくさん書きだしたり、口に出して言うのです。

さらに、人間は単に習慣をやめるだけよりも、その習慣に変わる新しい習慣を用意したい方が、習慣はかわりやすくなります。

たとえば、煙草を単にやめるよりも、煙草を吸う代わりにガムを噛むというように、代わりとなる習慣を用意すると習慣はかわりやすくなるのです。

そして、やめたい習慣に“痛み”を連想したように、新しい習慣には“快楽”を連想するようにするのです。

つまり、新しい習慣を行うことでどんな“いい”ことがあるかをできるだけたくさん書き出し、口に出して言うのです。

研究結果で習慣化されるまでにばらつきがあったのも、単に個人差というよりは、

その習慣を身につけたいという想いの強さが人によって違ったのだと思います。

やめたい習慣に連想する“痛み”が強いほど、身につけたい新しい習慣に連想する“快楽”が大きいほど、習慣を変えるのに要する時間は短くなるでしょう。

そして、痛みや快楽をより強く感じる方法の一つが、明確に言語化して書き出したり、口に出して言うことなのです。

何か習慣を変えたいという場合はぜひ、試してみて下さい。

【2017/10/17 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
諦める

どんなに頑張っても、もがいても上手くいかない時どうしたらいいですか?

出来る事は何でもします‥‥‥。

それは

一旦、現実を受け入れ諦めることです。

諦めることによって、少し楽になります。

力が抜けたような感覚になると思います。

ここからずっと落ち込むのではなく、緊張から解放されたのですからゆっくり考えてみます。

どうしてこうなったか?

そして、今度はそうならないように反省、考えてみる‥‥‥。

そして計画を立て実行する。

例えば

駅に着いたけど、電車に乗れなかった‥‥‥。

次のに乗ろう!

乗れなかった事を一旦諦めて、次のに乗ったらいいや‥‥。

この位の気持ちでやっていきましょう!

何度でも‥‥‥‥。

【2017/10/16 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
お祭り

いろんな所でこの時期お祭りが開催されています。

子供の頃は、すごいイベントで楽しみだったのを覚えています。

お祭りってワクワクしますよね。

自分の住んでいる地域のお祭りしか分かりません‥‥‥‥。

他の県のお祭りに行ってみたいです。

大人になって、なんか楽しみが減ったように思います‥‥‥。

どうですか?

大人になっていろんな事に対して、自分を制限している事がありませんか?

子供の頃のように騒ぎたいですね‥‥‥。

「お祭り」=「ワクワクする」ような事ありますか?

見つけないといけないですね‥‥‥。

【2017/10/15 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
トイレ掃除

やっぱりうまくいった方は、トイレ掃除きちんとしてます。

大切なんだと思います。

先ずは、トイレ掃除を毎日する!

これだけでもずっと続けて下さい。

やっぱりトイレ掃除ですね。

【2017/10/14 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |