パフォーマンス

よく聞く言葉ですよね。

調べると

1 演劇・音楽・舞踊などを上演すること。また、その芸・演技。
2 身体を媒介とした芸術表現。演劇などのほか、特に現代美術での表現をさしていう。「前衛書道家によるパフォーマンス」
3 人目を引くためにする行為。「街頭宣伝のパフォーマンス」
4 性能。機能。また、効率。「旧型でもパフォーマンスはいい」「コストパフォーマンス」

人のパフォーマンスは「何を」「どんな心で」やるか、の2つで出来ています。

パフォーマンスとは生きる事です。

仕事や生活‥‥全てがパフォーマンスです。

死ぬまで生きるというパフォーマンスをしているということです。

「何を」は内容や戦略。

「どんな心で」は全てのパフォーマンスの質を決めているのです。

何をやっても心の状態が悪ければ、そのパフォーマンスの質は悪いことになります。

するべきことを機嫌よくやれることがいいですね。

人のパフォーマンスを引き出すには「何を」に対する指示の力と

「どんな心で」を機嫌のいい状態に導き、質を高めれる支援の力、

この2つが大事で必要です。

指示は具体的に厳しく明確に、支援は心や質に対する配慮です。

優秀なリーダーはこの両方を他者に促しています。

ただ単に上手くいっているんでは無いんですね‥‥‥。

いいパフォーマンスをしていきたいですね‥‥‥‥。
スポンサーサイト

【2017/05/28 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
行動する

あなたもこんな経験ありませんか?

同じ仕事に取り組んでいるのに、

「はぁ~ 今日ぜんぜんやる気でない‥‥。」

一向にモチベーションがあがらない‥‥‥。

ついつい重要じゃないことに手を出してしまって、気づけば30分経ってる‥‥‥。

ということもあれば、

「よーーっし!絶対に良いものにするぞ!」

とやる気に満ちて、予定より早く出来上がるなんてこともある。

やる気やモチベーションが出るときと出ていないときでは作業効率や生産性が全然違いますよね?

多くの人はこのようにやる気に「ムラ」があります。

しかし、一部のハイパフォーマーはそのムラを最小限に抑えて常に高いモチベーションを保っています。

スポーツ選手、成功している人など彼らはいったいどのようにして常に高い成果を出しているのでしょうか?

貴重な1日1日をどんな方法で最高の充実した1日にしているのでしょうか?

お金はかかりません。

特別な才能いりません。

環境や職業は関係ありません。

その方法とは何なのでしょうか?

成功者のほとんどんはある共通した習性を持っている。

それはモチベーションを「待たない」ことだ。

彼らはモチベーションから行動を起こすのではなく、

“行動からモチベーションを作り出す。”

例えやる気が出なくても、モチベーションがあがらなくても、とにかく行動する。

行動しない限りモチベーションは得られない。

うまく人生を変えられた人は、すべてがうまくいくのを待たない。

これが成功する人、成功しない人の大きな違いだと思います。

もしあなたが何か書く仕事をしているなら良いアイデアが出てこなくてもとにかく思い浮かんだことを手を動かして書いていってみる

何も思い浮かばなければ書き写す。とにかく手を動かす。

もし明日に企画が迫っていていいアイデアが思いつかなかったり

だれも手助けしてくれなかったとしてもとにかく手を動かして書いていってみる。

誰かにダメ元で質問しまくる。

とにかく行動する。

そしていれば自然とやる気もモチベーションもでて、アイデアが生まれうまくいくようになる。

もしあなたがやる気がでないときはこれを思い出して、ゴールに集中し、とにかく今できる行動は何か?を考えて手や体を動かしてみて下さい。

とにかく行動する!

今の気持ちを変えよう!

【2017/05/27 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
周囲の人

上司、同僚、部下等のやる気が無く、自分もそうなったらダメです。

「自分が置かれた環境が何であれ、そこから自分が人生に望むことを作り出せ」

ということです。

自分の望みを作り出す努力をする前から問題を解決しようとしてはダメです。

今自分がいる場所から自分の願望を作り出そうとすれば、多くの場合、問題は自然に消滅します。

お金のことになると、ほとんどの人が問題解決モードになります。

健康のことになると、減らさなければいけない体重についてばかり注目して、自分の理想の体型についてはあまり考えません。

問題に着目するのは、創造的な人間のすることではありません。

創造的な人間は何かを生み出すことにフォーカスします。

あなたも創造的な人間としてこの世に生まれたのです。

あなたが持って生まれたその創造的なパワーを使うのです。

そして、間違い探しや問題解決や不平不満を超越しましょう。

自分の願いを問題から切り離して考え、その願いを実現させるために努力することが大切です。

ちょっとした事ですが、ぜひやって下さい。

そうすれば間違いなく、今よりぐっすり眠れるようになります。

しかも幸福な気分で眠れるようになります。

【2017/05/26 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
収穫

〇〇さんより

なかなかうまくいきません。何も出来てないんですが‥‥‥。

あまい考えなのは分かっています。

頑張っていきたいんですが‥‥。


今日の成果は過去の行動の結果であり、未来はこれからの行動で決まります。

今までもずっとそうであり、これからも変わることはありません。

種を蒔かずに収穫することは出来ません。

にも関わらず、種を蒔いてもいないのに、なぜ収穫出来ないのだろうと、収穫のことばかり考えることが多すぎます。

収穫するにはまず種を蒔く。

誰もが理解しているはずなのに、分からなくなるものです。

思うような結果が出ていないのであれば自分の過去に問題があり、 世の中が悪いわけではありません。

そしてそう気づいたのであれば、未来のために今からでも種を蒔かなければいけません。

そうすることで、収穫時期にはしっかりと収穫が出来るようになるのです。

そして人生の種まきの良いところは、季節に関係なく、いつでも種を蒔けるというところです。

農業であれば、収穫時期に合わせて種を蒔かなければいけないので時期がずれると、また次の時期まで待たなければいけません。

でも人生の種まきは違う。

今すぐにでも種を蒔けば良いのです。

こんなにありがたいことはありません。

時期を逃したとしても、今すぐに種を蒔くことが出来るのです。

今日から行動して下さい。

【2017/05/25 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |


運命を調べると

運命(うんめい、ラテン語 fatum、英語 fate、destiny)とは、

人間の意志をこえて、人間に幸福や不幸を与える力のこと。あるいは、そうした力によってやってくる幸福や不幸、それの巡り合わせのこと。

人生は天の命によって定められているとする思想に基づいて考えられている、人の意思をこえて身の上に起きる禍福。

将来のなりゆき。

命運(めいうん)とも。

運命は誰にもわからない。

運命とは、人の意思や想いをこえて人に幸・不幸を与える力を意味する。

運命論では、人の幸福・不幸などは、人の力をこえたところであらかじめ決まっている、と考える。

西洋占星術では一般に、人は生まれた時の惑星の配置などによってその人生で起きることに決まっている面がある、と考える。

占星術好きな人などは、将来 結ばれることになる異性は人の想いを越えた力によってあらかじめ決められている、と考えて、そうした異性を「運命の人」な

どと表現することがある。「運命の赤い糸」とも。

宿命は変えることはできないが、運命は本人次第で変えることが出来ますから‥‥‥。

自分が幸せになる様に、自分を操縦しましょう!

〇〇さん、上手くいってますね!

【2017/05/24 08:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲